スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサーサイト

へやわけ 7 Hard 24×14

heyawake7_1128.png

Play this puzzle




<へやわけのルール>
1.盤面のいくつかのマスを黒くぬりましょう。
2.太線で区切られた四角(部屋と呼びます)に入っている数字は、その部屋に入る黒マスの数を表しています。数字の入っていない部屋には、いくつ黒マスが入るかわかりません。
3.白マスを、タテまたはヨコにまっすぐに3つ以上の部屋にわたって続けさせてはいけません。
4.黒マスをタテヨコに連続させたり、黒マスで盤面を分断したりしてはいけません



黒どこ 3 Medium 18×10

kurodoko3_1127.png

Play this puzzle




<黒どこのルール>
1.盤面のいくつかのマスを黒くぬりましょう。
2.盤面の数字は、その数字から上下左右4方向にまっすぐ進んで、次の黒マスか外周にたどりつくまでの、その数字を含めてのマス数の合計を表します。
3.数字が入っているマスを黒くぬってはいけません。
4.黒マスをタテヨコに連続させたり、黒マスで盤面を分断したりしてはいけません。



カックロ 3 Medium 11×9

kakuro3_1127.png

Play this puzzle




<カックロのルール>
1.すべての白マスに1から9までの数字のどれかを1つずつ入れましょう。0(ゼロ)は使いません。
2.ナナメの線の右上の数字は、その右に連続した白マスに入る数字の合計を表し、左下の数字は、その下に連続した白マスに入る数字の合計を表します。
3.タテヨコへの1つの白マスのつながりには、同じ数字を入れてはいけません。



ナンバーリンク 3 Easy 10×10

numlin3_1127.png

Play this puzzle




<ナンバーリンクのルール>
1.白マスに線を引いて、同じ数字どうしをつなげましょう。
2.線は、マスの中央を通るようにタテヨコに引きます。線を交差させたり、枝分かれさせたりしてはいけません。
3.数字の入っているマスを通過するように線を引いてはいけません。
4.1マスに2本以上の線を引いてはいけません。




対称形は無理です。

LITS 4 Easy 10×10

lits4_1122.png

Play this puzzle




<LITSのルール>
1.太線で区切られた部分(ブロック)それぞれに、黒マスがタテヨコに4つつながってできたピース(テトロミノといいます)を1つずつ配置しましょう。
2.回転あるいは裏返しをして同じ形になるテトロミノどうしが辺を共有するようにしてはいけません。
3.すべての黒マスはタテヨコにひとつながりになっていなければなりません。
4.黒マスを2×2以上のカタマリにしてはいけません。



シャカシャカ 7 Medium 18×10

shakashaka7.png

Play this puzzle




<シャカシャカのルール>
1.盤面のいくつかの白マスを三角形に黒くぬりつぶしましょう。
2.盤面の数字は、その数字の入っているマスにタテヨコに隣り合うマスのうち、三角形にぬるマスの数を表しています。
3.ぬられずに白く残った部分は、すべて長方形(正方形も含む)にならなければなりません。




154号定食パズルの原稿出してきました。
ぬりかべ、ぬりめいず、のりのり、へやわけ、スリリン、ましゅ、スラローム、ヤジリン、四角に切れ、ヘルゴルフ、シャカシャカ、美術館の12種です。

四角に切れ 6 Medium 10×10

shikaku6_1121.png

Play this puzzle




<四角に切れのルール>
1.点線の上にタテヨコに線を引き、盤面をいくつかの長方形(正方形も含みます)に分けましょう。
2.どの長方形にも数字が1つずつ入るようにします。
3.数字は、1マスの面積を1としたときに、その数字が入る長方形の面積がいくつになるかを表しています。



ヘルゴルフ 7 Hard 10×10

herugolf7_1119.png

Play this puzzle




<ヘルゴルフのルール>
1.すべての丸(球)を何回か移動させて、H(ホール)のマスまで運びましょう。すべてのHのマスに丸が1つずつ運ばれます。
2.各回の丸の移動は矢印で表します。矢印の先端はマスの中央になります。矢印の線が他の丸やHのマスを通過したり、線どうしが交差したり重なったりしてはいけません。
3.1回の移動で、丸はタテかヨコにまっすぐ、丸の中の数字の分だけマスを動きます。1回の移動が終わると丸の数字は1減り、また移動することができます。移動の方向は変わってもかまいません。数字が0になった球や、Hのマスに停止した球はそれ以上移動できません。
4.球が盤面の外に出たり(OB)、灰色のマス(池)で停止したりするような移動はできません。




この手の問題の論理的な解き方を見出した。数独でいう二国同盟の手筋みたいな感じ。

プロフィール

齋藤すばる

Author:齋藤すばる
ニコリ系のペンシルパズルを不定期で公開するブログです。ツールとしてぱずぷれv3様を使用させて頂いております。
昔の創作問題集
Twitter: @Subaru_Saito

カウンター

カレンダー

10 | 2015/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。